かかとなどにもピーリング

足の裏がすぐにかさかさになるのは、足の裏に汗腺はあっても皮脂腺がないからだそうです。

そのくせかかとには100層に渡るほど、厚い角質層で出来ているのです。

またかかとってかなり頑張り屋さんで、大きな衝撃を受けながら歩いてくれているんですよね。

かかとにとって毎日は過酷なのです。

皮脂腺もなく潤うことなく働き続けているんですから、乾燥が激しい時期などは割れてしまってもしょうがないですよね。

必要以上に硬くさせないことが大切です。

だからといってローションやクリームなどを多用しても、浸透してくれません。

それこぞ地ならしが出来ていない土地と一緒なのです。

また浸透できないのに栄養分を与えても、菌を繁殖させてしまうかもしれませんよね。

もっと臭くなるかもかも!!

まずはピーリング

かかとや足の裏全体を、ピーリングジェルなどでケアしてみましょう。

その後で化粧水などで保湿をして、オイルなどを塗るといいでしょう。

軽石などで削る人がいますが、私はオススメしません。

削るような刺激を与えられると、もっと強くならなければと角質が更に出来上がってしまいます。

静かにターンオーバーを促す方法のほうが、刺激も穏やかです。

私も足の裏は人にお見せできない状態だったのですが、この方法で3ヶ月頑張ると、「舐めてもいいぐらい!」の足の裏になりましたよ。

だんだんと色がキレイになってゆき、柔らかさも増して来ました。

ただですね、もう半年になりますが、爪の色だけが治らないのですよね。

まだ紫色というか黒っぽいというか。

これだけは、体の内面からないかしらアプローチしなければならないのかもしれません。

ここまでキレイにしたのですから、なんとか爪もキレイにしたいものです。

ただですね、オイルケアしているときは何かと滑りやすいので、気をつけてくださいね。

不用意に歩いてなんども尻餅をつきました。

ちょっと情けないです。

膝小僧の角質も、この方法ですっかりキレイになりました。

肘はそこまで堅くなかったので、AHA石鹸だけにしていましたが、それだけでもかなり違います。


Gorgeous design by Michael Heilemann