角質取り石鹸【6】

普通の石鹸でちょっと気に入っていたのが「モコモコクレイソープ」

生石鹸といった雰囲気なのですが、モロッコの溶岩クレイを混ぜている石鹸です。

この泥は元々泥パックなどに使われていたようです。

吸着力がすごいんですよね。

モッコモコの泡が立ちますし、毛穴の奥の奥から汚れを取り除いてくれる気がします。

マイナスイオンの電化をおびているので、汚れを吸着させてくれるのだそうです。

角栓や古い角質は勿論、メイク残りも吸着です。

メイクの頃は酸化しますから、お肌に悪いんですよね。

それを綺麗に取り除いてくれるだけでもありがたいのですが、天然のミネラル分が潤いを与えると。

保湿成分も「プラセンタエキス・スクワラン・コラーゲン」など、ちゃんと入れてくれています。

エデト塩酸、合成着色料、鉱物油、アルコールを一切含んでいません。

モコモコクレイソープのAHA

このお気に入りにモコモコクレイソープに、いつの間にかAHA配合のものが出来ていました。

グリコール酸と乳酸が配合されているのですが、正肌成分と保湿成分も充分に配合されているのでツッパリ感が余り無いんですよね。50回分で値段も1280円。

進製作所が作っているのですが、石鹸がだいたい得意な会社のようです。

オリジナル商品に加え、OEMも幅広くウケてるんですって。

このソープの形状がエコな感じで初めは気に入ってたんですけどね。

泡立ちも弾力があってモッコモコです。

泡でマッサージをするというのが、こんなに気持ちいいのかしらと思いました。

角質取り方は少々離れてしまうのですが、この会社の二十世紀梨しゃぼん枠練り洗顔石鹸というのがあるんですよ。

コスメの情報などには載っていなかったので、案外レアかもしれません。

梨は毎日食べていると肌の水分量がとたんに増える食べ物です。

その理由は全く忘れたのですが、梨の石鹸ならきっと水分量が増えそうです。。。

パッケージも本物の梨のようなパッケージなんですよ、

石鹸素地と水、二十世紀梨パウダー、二十世紀梨エキスと香料だけで作っています。

どうもOEM商品のようですが、どうしてつくってみようと思ったのか知りたいです。

もしかしたら会社が鳥取にあるからという理由だけかもしれません。


Gorgeous design by Michael Heilemann