角質取り石鹸【5】

透き通った真っ赤な色が印象的なドクターラインAHAリファインソープモイスチャー。

AHA石鹸なのに、ちゃんと潤いをキープ出来るのは、しっかり潤い成分も凝縮させているからだと思います。

姪っ子に買ってあげたので、それを使ってみましたが、ツッパリ感やピリピリ感が出るのかと思いましたが全くありませんでした。

泡立ちもかなりのものでしたよ。

姪っ子は泡パックをしているようですが、ニキビ跡の改善より美白してくほうが早かったようです

そりゃそうでしょうね。

少々お高いのである程度改善されてからは彼女は2日に1回この石鹸を使い、他の日はもうちょっと手頃な値段の石鹸にしているようです。

そういう使い方もアリかなと思います。

油分が足りなくなった加齢の肌にも使いやすいAHAソープです。

この赤色はエンゾジノールアスタキサンチンの赤ですから、アンチエージングによさそうですね。

55%の美容成分

石鹸の中に入れ込める美容成分には、当然限界があると思います。

しかも機械練だと急速に冷やすことをしなければならず、それに耐える石鹸となれば石鹸成分を増やさなくっちゃならないのだそうです。

美容成分55%を実現するためには手作業による枠練り石鹸にしなくてはならなかったということ。

また固まるまでに3ヶ月かかってしまうものなんですって!

それを考えると、100g3800円というのも仕方ない値段だなと思います。

AHA石鹸の中で一番秀逸だなぁと私が個人的に思ったのはこの石鹸ですね。

姪っ子が大事に使っているからということもあるのだとは思いますが、他の石鹸よりも減り方は遅いと思います。

枠練りだからかもしれません。

薬用の黒い石鹸もあるのですが、こちらはまだ使ったことがありません。

野球をしている友達の高校生の息子に「使ってみてくれ」と頼んで感想を聞いたところ、鼻の頭から出てくる脂肪みたいなものが減ってきたと言っていました。

それだけ肌に詰まっていたものが取れていっているのかもしれません。

こちらは竹炭の色で黒。汚れを吸着してくれるのでしょう。

若干お求めやすい1900円。

肌のザラツキもなくなってきて、ツルッとしてきたという感想でしたね。

黒というのも、男の子が使いやすい色でしょうね。


Gorgeous design by Michael Heilemann